レッドブルF1チームのスポンサーを分析

レッドブルF1チームのスポンサーを分析

残り3チームとなったF1のスポンサー分析です。

ホンダのPU搭載や、シーズン途中のドライバー交代など、

話題に欠かないチームであり、日本のファンも多いチームですね。

スポンサー分析方法

分析方法はチームの公式WEBよりスポンサー名称を確認、

(RedBull Racing :  https://redbullracing.redbull.com/

その上でスポンサーWEBやSNS等から本社所在地を探し国ごとに分けました。

なお、チームによっては純粋なスポンサーのみを掲載していたり、

サプライヤーやサポーター、はたまた他のカテゴリーを含んだ

ブランド自体のスポンサーを掲載する例もありましたので、

記載のスポンサーがすべてお金を出して、

F1をサポートしている企業とは限りませんが今回は含みます。

また、F1の公式サプライヤーであるピレリも全チームに含みます。

レッドブルF1チームのスポンサー数は全14社

レッドブルF1チームのスポンサー国籍割合

1.RAUCH (オーストリア)

   https://www.rauch.cc/

2.本田技研工業 (日本)

   https://www.honda.co.jp/

3.エクソンモービル (アメリカ)

   https://www.mobil1.co.uk/

4.SIEMENS (ドイツ)

   https://www.plm.automation.siemens.com/global/en/

5.HPE/Hewlet Packerd Enterprise (アメリカ)

   https://www.hpe.com/uk/en/home.html

6.AT & T (アメリカ)

   https://www.att.com/

7.アストンマーチン (イギリス)

   https://www.astonmartin.com/

8.TAG Heuer (スイス)

   https://www.tagheuer.com/ja-jp

9.PUMA (ドイツ)

   https://jp.puma.com/

10.Citrix (アメリカ)

   https://www.citrix.com/lp/future/

11.IBM (アメリカ)

   https://www.ibm.com/it-infrastructure/spectrum-computing

12.DITA (アメリカ)

   https://dita.com/en-us/family

13.利来国際( 际 ) (中国)

   http://www.w6616.net/

14.PIRELLI (イタリア)

   https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/homepage

以上のようになっております。

国別で件数をまとめるとこんな感じです。

レッドブルF1チームの国籍別スポンサー数

なお、レッドブル自体はオーストリアに本拠地があります。

そして、調査時点のドライバー国籍はオランダとフランス、

後のドライバー交代でフランスのガスリー選手から、

イギリス出身でタイ国籍のアレクサンダー・アルボン選手が加入し、

出身地のイギリスは関連しておりますが、スポンサーに変動はありません。

タイ、PTTは来年トロ・ロッソではなくレッドブルと契約?

タイのオイルメーカーPTTがアルボン選手在籍時に

トロ・ロッソへとスポンサードを開始しました。

しかし、シーズン途中にレッドブルのガスリー選手と、

トロ・ロッソのアルボン選手が交代しました。

来年もアルボン選手がレッドブルに乗るなら

スポンサー契約もトロ・ロッソからレッドブルに移行するのでしょうか?

それとも複数年契約や解約条項の都合で、この後もトロ・ロッソしょうか。

「同じ国のドライバーがいるから…」でスポンサーをしていたら、

正直ガッカリかもしれませんね。

中国系の利来国際( 际 )とは?

スポンサーを見ていると漢字表記のスポンサーが一社、

ただ、日本では見慣れない漢字で「中国か」というのがわかります。

なお、日本語で検索してもほとんど情報が出てこず、

出てくるのはホテル系サイトの宿泊施設のみ。

「中国系のホテルか、ヒルトングループみたいな!?」と思い、

公式WEBからリンクをたどると違います…

レッドブルのスポンサー 利来国際( 际 ) のトップページ

半分おっぱいが出たおねーさんが出迎えてくれますが、

左上にはレッドブルのロゴもあり、スポンサーしているのがわかります。

そもそも、レッドブル・レーシングの公式WEBからリンクがされています。

日本語での情報が乏しいのでGoogle翻訳等を使い調べたところ、

どうやらオンラインゲームや宝くじなどのサービスを提供しています。

ちなみに、レーシングポイントのスポンサーである

Sport Pesaはスポーツ賭博の会社で少し似ているような!?

ITやバイオもそうですが、このような新しい職種も

F1のスポンサーになれる規模になっているのが伺えます。

レッドブルF1チームのスポンサー分析

スポンサード(スポンサー側)カテゴリの最新記事