レッドブル・トロロッソ・ホンダF1チームのスポンサーを分析

レッドブル・トロロッソ・ホンダF1チームのスポンサーを分析

※2019/10/6 追記

スポンサー情報をグラフ化したものを追加しました。

先日、日本のRDSという会社が、

レッドブル・トロロッソ・ホンダF1チームと

スポンサー契約を結んだニュースが出ておりました。

そこで、F1チームのスポンサーを分析してみたいと思います。

そもそも、どんなスポンサー(業種)がいるのかとか、

チーム、ドライバー、チーム関係者との関係性などです。

※実は半月前から作っておりましたが、

 途中で飽きておりました。。。再開いたします。

レッドブル・トロロッソ・ホンダのスポンサー国籍はバラバラ

レッドブルトロロッソホンダのスポンサー国別割合
レッドブルトロロッソホンダのスポンサー国別割合

調査は、チームの公式HPよりスポンサー情報を抜粋。

様々なスポンサード契約がありますが、区別なくまとめました。

ざっと記載していきますと。。。

 1.Randstad (イタリア)

    https://www.randstad.it/

 2.myWorld  (イギリス)

    https://www.myworld.com/

 3.RedBull  (オーストリア)

    https://www.redbull.com/jp-ja/

 4 .HONDA  (日本)

    https://global.honda/

 5.Tennor Holdin B.V.  (オランダ)

    https://tennor.com/

 6.EDIFICE/CASIO  (日本)

    https://www.edifice-watches.com/

 7.TAUROA  (ノルウェー) ※WEB言語より判断

    https://www.hangar-7.com/de/

 8.RIEDEL  (ドイツ)

    https://www.riedel.net

 9.PIRELLI  (イタリア) ※タイヤ供給

    https://www.pirelli.com/tyres/ja-jp/car/homepage

 10.SIEMENS  (アメリカ)

    https://www.plm.automation.siemens.com/global/ja/

 11.Red Bull Media House  (オーストリア)

    https://www.redbullmediahouse.com/

 12.RDS  (日本)

    http://www.rds-design.jp/ 

以上のようになっております。

国籍とスポンサー数は以下の通り。( )内がスポンサー数。

  • イタリア (2)
  • オーストリア (2)
  • 日本 (3)
  • イギリス (1)
  • オランダ  (1)
  • ノルウェー  (1)
  • ドイツ  (1)
  • アメリカ  (1)

なかなか国が分かれていますよね。

なお、オーストリアはレッドブルとレッドブル系列で、実質1社!?

なお、イタリアはトロロッソと同じですし、

日本はご存知ホンダ(PU)と同じになります。

むしろホンダさんの貢献がすごいと言うか…

ドライバー系はなし!?

日本だと「ホンダ系のドライバー」とか「トヨタ系の…」とかがあり、

そのドライバーが連れてきたスポンサーってのもあります。

Wiki等で確認出来た限りですが…

ダニール・クビアト(ロシア)、ロシア国籍のスポンサーは0(ゼロ)。

アレクサンダー・アルボン(イギリス出身・タイ国籍)、イギリス1のみ。

ついでにアドバイザーのヘルムート・マルコとチーム代表のフランツ・トスト、

お二人はオーストリア出身で「レッドブル」と同じですね。

チームマネージャーのグラハム・ワトソンが国籍不明です。

おい、ドライバーたちよ…

やっぱ、チームの国籍に関係する!?

まだ1チーム目ですが、今回は「チームに関連」が強く、

ドライバーにはさほど左右されていないのがわかりました。

今後も、トロロッソに限らずF1チームのスポンサーを分析し、

チーム、ドライバーの国籍と、スポンサーの国籍(本社)の

関係性を調べていきたいと思います。

国内で活躍されるアスリートさんからしたら、

「自分の出身地と、スポンサーの本社が同じ都道府県」って感じですかね。

本社は東京だけど、実は地元発祥とかでもいいかもしれませんね。

スポンサー獲得活動に役立てれば幸いです。

RDS社のレッドブルトロロッソ他、スポンサーページのスクリーンショット

スポンサード(スポンサー側)カテゴリの最新記事